発酵食品パワー!ヨーグルトも発酵食品

hakko1

ヨーグルトも発酵食品、発酵食品は栄養価も風味もよくなり保存性が高まるすごいパワーを食卓で!

発酵食品は腸にもうれしい栄養価もよし!うまみも生まれる!

ヨーグルトも発酵食品ですが、私たちが食べている中でもいろいろな発酵食品があります。

発酵食品にすることで健康維持にも効果は計り知れません!

◎腸内のバランスを整える
◎うまみ
◎栄養価
◎保存性

日本独特の発酵食品から西欧にもたくさんの発酵食品があります。

発酵食品は腸にもとてもいい!

hakko

発酵食品は腸にもうれしい菌です。

たとえば

◎麹菌:清酒・味噌・醤油・甘酒など
◎酵母菌:ワイン・日本酒・パン・味噌・しょうゆ
◎乳酸菌:ヨーグルト・チーズ・ぬか漬けなど
◎納豆菌:納豆
◎酢酸菌:お酢
◎かつお節菌:かつお節も「枯節」がカビを有効利用した発酵食品
 

これらは普段私たちが食べている食品ばかりです。

腸内環境を整えるのは乳酸菌だけではない!発酵食品のすごさ!

bread

酵母パンもブームになっていますが、玄米、レーズン、トマト、ヨーグルトなど発酵すれば酵母菌ができ、そのパン酵母(イースト)でおいしいパンが出来上がります。

パンもヨーグルトや漬物、お酒、お味噌も私たちが普段食べている中に発酵食品はたくさん存在します。

天然酵母は自然界のあらゆる微生物(果物、野菜、穀物、ヨーグルトなど)から天然酵母が作られます。

酵母から作ってパンを焼くととってもおいしいパンが出来上がります。

意外とたくさんある発酵食品

kobo

発酵食品は微生物が繁殖を繰り返し、素材の成分を変化させて栄養がいっぱいの善玉菌を作ります。

ヨーグルトばかりが善玉菌ではありません。

発酵食品から多くの善玉菌が生まれます。

◎ヨーグルトなどに代表されるビフィズス菌
◎納豆を作る納豆菌
◎味噌やパンを作る酵母菌

代表的な発酵食品をいくつか紹介します。

ヨーグルト菌

yogurt

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加え発酵させてつくる発酵食品です。

日本で市販されているヨーグルトの中でも数多くの乳酸菌があります。

腸内の善玉菌を増やしたり腸の働きを活発にしたり、免疫力をアップする効果があります。

いろいろな菌があるので、いろいろ試して自分の体にあった菌をみつけてください。

納豆菌

natto

納豆のネバネバは「ナットウキナーゼ」という成分です。

このナットウキナーゼには、タンパク質を分解する作用を持つ酵素が豊富に含まれていて、この酵素には血栓を溶かしたり血をサラサラにしたりする作用があります。毎朝納豆を食べていると血液がサラサラになります。

最近の若い女性は洋食傾向にあり、朝、納豆ご飯を食べる方は限られていますが大豆を発酵させて作った納豆は女性ホルモンと近い働きをするイソフラボンが豊富です。月経痛の方は毎日日本の伝統食の納豆を是非食べてほしいです。

キムチ

kimuchi

朝鮮の代表的な食べ物がキムチです。

韓国の人たちが朝から食べているキムチは栄養価はすばらしいです。

このキムチには、乳酸菌や必須アミノ酸、食物繊維といった健康にいい成分が豊富に含まれています。

乳酸菌が腸内環境を整え、必須アミノ酸が代謝機能を向上させ、食物繊維が腸の活動を活性化して便秘も改善します。でもあまり辛いキムチは刺激が強すきますのでマイルドなキムチが日本人の腸には合うと思います。


スポンサーリンク