「腸年齢」の若返りに食物繊維を摂ろう

yasai食物繊維は腸内細菌バランスをよくする・・それが若返りの秘訣!

食生活の偏りやストレスの度合で細菌バランスは崩れる

腸年齢」という言葉を耳にしたことありますか?

年齢によって大腸菌の細菌バランスは変化します。肥満の方、内臓脂肪が多い方、皮下脂肪が多い方は自己チェックしてみましょう!

実年齢よりも老けていると思われる方は

是非とも、自分の腸内環境の状態を知って自覚して、老化の度合いや生活習慣病の改善に役立ててください。

食生活の偏りやストレスの度合で細菌バランスは崩れて、実際の年齢よりも腸年齢が高くなっている人が増えています。日本の食生活も欧米化して食の変化も影響しています。

善玉菌優勢の腸内環境を作ること=若返り

年齢を重ねると人の身体は老化しますが、実年齢よりも若い人も多くいます。60歳の方が40代に見える方も多いですね。それはどうしてでしょうか?

腸内環境のバランスで善玉菌優勢の環境をキープしている人は実年齢よりも見た目も若く見えます!

何も努力をしなければ、加齢による肉体的な老化が、腸の中の老廃物を出す力にも影響を与え、腸内に有害な腐敗物質がたまりやすくなってくるのです。

その結果、便のにおいがきつく、出る量も少なくなり、いわゆる「老人性さい便」といわれる細かい便になってきます。これは何も老人ばかりではありません。

改善には腸の蠕動をよくする運動も必要ですが、なんといっても食生活ではないでしょうか?


スポンサーリンク

食物繊維を豊富に摂ること、食事をする際の順番も大切

最初に野菜を次にたんぱく質、最後に炭水化物です。
この食べ方ですと過度に炭水化物を取らなくなりますし、便通もよくなります。

老化が加速するのを防ぐためにも食物繊維を多くとる食生活をしてください。これによって便通もよくなり、肌艶もよくなります。体自体が身軽になるのでフットワークも軽くなります。

腸内環境をよくする
・食生活の改善で食物繊維を摂ること
ストレスをためすぎない
・適度な運動

このような生活全般を見直しすることで、自然と腸年令が若返ってきます。腸内環境が善玉菌優勢の環境になるからです。

食生活で効果的なのが、食物繊維を豊富に含んだ食品・・バランスよく水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を摂る

食物繊維悪玉菌の活動を抑えたりコレステロールや中性脂肪を体外に排出します。腸内を掃除する役目があります。


スポンサーリンク